禁煙外来とは

いざ禁煙に取り組もうと思っても、なかなか上手くいかない方も多いのではないでしょうか?
禁煙外来は、健康保険を使って禁煙治療を行うことができます。喫煙は肺がんをはじめ、様々な疾患を引き起こす原因になっています。当院はひとりではなかなか上手くいかない禁煙を、成功させるために患者さんを手厚くサポートしていきます。

あなたのニコチン依存度をチェック

ニコチン依存症とは、やめたくてもやめられない喫煙習慣のことをいい、治療が必要な病気とされています。「ニコチン依存症判定テスト(TDS)」で、ニコチン依存症かどうかをチェックしてみましょう。5個以上でニコチン依存症です。

  • □ 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコをすってしまう。
  • □ 禁煙や本数を減らそうとしてみて、出来なかったことがある。
  • □ 禁煙や本数を減らそうとした時に、タバコが欲しくてたまらなくなることがあった。
  • □ 禁煙や本数を減らそうとした時に、次のどれかがあった。
    イライラ・頭痛・眠気・神経質・ゆううつ・落ち着かない・むかつき・脈が遅い・手が震える・食欲増加・体重増加・集中しにくい
  • □ 上の症状を解消するために、またタバコを吸い始めることがある。
  • □ 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがあった。
  • □ タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがある。
  • □ タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがある。
  • □ 自分はタバコに依存していると感じることがある。
  • □ タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かあった。

禁煙外来での保険適用となる条件

下記の4点が「禁煙治療」に「健康保険」が適用されるための条件です。

  • □ 直ちに禁煙する意思があること
  • □ タバコ依存症に関する問診票によりニコチン依存症と診断されること
  • □ 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上であること
  • □ 禁煙治療を受けることに文書で同意すること

※保険診療の場合、期間12週間・受診5回・自己負担3割で、費用は約13,000円〜20,000円です。

健康保険等を使った禁煙治療の流れ

初回診察の流れ

① 健康保険等で治療が受けられるかどうかの依存度をチェック。
② 呼気に含まれる代表的な有害物質(一酸化炭素)の濃度を測定。
③ 相談しながら禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。
④ 禁煙補助薬を選択し、その特徴と使い方をご説明いたします。

お問合せ・ご相談はこちらへ:
042-420-7215

対面による初診の後、オンライン診療も可能です。
オンライン診療のご案内はこちら

診療に関するご質問やご相談はこちら

内科・呼吸器内科・脳神経内科
外来診療・入院治療・在宅医療
訪問リハビリテーション

医療法人五麟会

東京都東久留米市滝山5-27-16

求人案内

医療法人五麟会グループでは、医療職、介護職をはじめ、
幅広い職種で私達と一緒に働いて頂ける方を募集しています。