睡眠時無呼吸症候群・
いびき外来について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

いびきをかく、熟睡できない、起床時に頭痛、日中に強い眠気などの症状がありましたら、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。これらの症状がある方は、早めに検査されることをお勧めします。なお、放置しておくと、高血圧・心疾患・脳梗塞・糖尿病などの生活習慣病のリスクが高くなります。また、居眠りにより仕事に支障が出たり、交通事故などのリスクも高くなります。

睡眠時無呼吸症候群のCPAP(シーパップ)療法

現在、CPAP療法(持続式陽圧呼吸療法)が広く普及しております。
就寝時に専用の機器を装着するもので、健康保険が適用となります。
他には、マウスピースの装着や生活改善による減量なども選択肢となります。
なお、費用は自己負担3割として、診察代(月1回の受診が必要)とCPAP装置のレンタル費用で月額約5,000円です。

検査方法と手順

医師による問診と検査の説明
簡易検査(ご自宅で検査/検査機器をお送りします)
AHI
40以上
AHIが20以上40未満
 
精密検査
(入院、またはご自宅で検査/検査機器をお送りします)
 
AHI
20以上
AHI
20未満
検査結果をもとに診察し、CPAP療法を開始
生活改善指導

※AHI(無呼吸低呼吸指数)とは、睡眠1時間あたりの無呼吸・低呼吸の回数です。

お問合せ・ご相談はこちらへ:
042-420-7215
対面による初診の後、オンライン診療も可能です。
オンライン診療のご案内はこちら
診療に関するご質問やご相談はこちら

内科・呼吸器内科・脳神経内科
外来診療・入院治療・在宅医療
訪問リハビリテーション

医療法人五麟会

東京都東久留米市滝山5-27-16

求人案内

医療法人五麟会グループでは、医療職、介護職をはじめ、
幅広い職種で私達と一緒に働いて頂ける方を募集しています。